今だけ!お得なキャンペーン中→

子どもの頃の過ごし方で運動神経の良し悪しが決まる?!

運動神経の良い子、悪い子は実は遺伝ではなく、ある“タイムリミット”までに運動神経を育んでいるかどうかが関係していることを知っていましたか?

1928年、アメリカの医学・人類学者であるスキャモンによって発表された『スキャモンの発育曲線』によると、体の発育の中でも運動神経に深く関係のある神経系は、5歳までに80%完成してしまいます。そして、なんと12歳までには100%出来上がってしまうというのです。

運動神経が著しく発達するのは子供のころの4歳~12歳まで。この時期にたくさん体を動かし、神経を刺激することによって、神経系の発達をより促すことができ、「運動神経のよい子供」に近づくのです。

神経系が急激に発達する4歳~8歳を「プレ・ゴールデンエイジ」と呼びます。
たくさんの神経回路が作成される時期であり、運動の基礎を身につけることがとても大切な時期です。
しかし、この時期の子供は熱しやすく冷めやすい特徴があるため、特定のスポーツや遊びばかりさせるのではなく、子供自身が興味を持った運動を幅広くやらせてあげることがポイント。

うまく理想通りの動きができなくても焦らず見守り、うちの子には合っていないと早い段階で諦めるのではなく、子供が楽しむことを重要視すればよいのではないでしょうか。
短期間のできるできないを見るのではなく、中長期目線で見守ってを見てあげることが大事かもしれません。

次の9歳~12歳の時期を“ゴールデンエイジ”と呼びます。
運動の基礎が出来上っているため、何かスポーツをやらせれば時間をかけずに技術を習得できるというような、子供たちの吸収力が最も高まるピーク期です。
基本的な技術から、可能であれば高度なスキルまで積極的に身につけさせると良いでしょう。

また、スポーツのルールに触れさせることや試合戦略を考えるさせることで、精神面での成長も期待できます。
その他、音楽や音に合わせて踊ったり、歌ったりすることで、将来スポーツをする上で重要なリズム感や反応速度を高めることもできます。

ダンスを通じて、いろいろな能力を伸ばしてみませんか?

お子様の「やりたい!」を大切に伸ばしていきます。
ワンコイン体験レッスン継続中!
福岡でキッズダンススタジオ・キッズダンススクールをお探しなら!福岡キッズダンススタジオdスタ赤坂へ!