可動域を広げてけがを予防しよう!

最近は、とても体が硬い子が増えているといわれています。ちょっとした転倒や運動で怪我したり、顔から転んでしまう、とっさに出した手首を骨折してしまったということも。
体が硬いと、関節の可動域が小さく、手足の動きが悪くなるので怪我をするリスクが高くなると言われています。
では、関節の可動域を大きくするにはどうしたらよいでしょうか。
実は、関節の動きを助け、サポートするのは筋肉や靭帯です。筋肉の柔軟性を高めることが関節の可動域を広げるポイントなのです。
筋肉をほぐして柔軟性を高めると、血行が良くなり、新陳代謝が活発になります。体全体が活性化され、免疫機能も高まるので風邪を引きにくい丈夫な体にります。
dスタでは、キッズダンスに加え、今後リトミック教室、アクションスクールが開講予定です!
ぜひご参加ください!

12月末まで!ワンコイン体験レッスン継続中!
福岡で暗闇フィットネス・クラブダンス・ヨガ・ピラティス・ボディメイク・ヒールダンス・KPOPダンス・キッズダンス・ダイエット・レンタルスタジオならdスタ赤坂へ!